「注染」について

注染は手作業でありながら多彩な柄、小紋などの微妙なタッチや独特の色合いを出せます。
またぼかし等の技法を活かすことで立体感やなごみを表現することに優れます。
表裏両面から染色するため、表も裏も同じ柄が同じ色合いで出るのも注染の特徴です。

注染で染め上げられた生地は、ほとんどの工程を人の手で行うため繊維がつぶれにくく、
通気性に優れ肌ざわりも柔らかく仕上がります。
「注染(ちゅうせん)」とは、生地を染色する技法のひとつで、染色したい場所に糊で土手を作り染料を注ぎ込み染色します。 明治時代に確立した染色方法で、大阪府、東京都などの産地で伝統工芸に認定されています。

1.糊置き

柄の中で染料をつけたくないところに糊をのせます。
柄に合わせて糊付けを繰り返す折り返しには相当の熟練が必要です。
ゆかた用の小巾(こはば)木綿は、幅40cm弱、長さ22m程度ですので、
柄に合わせて90cm~1mごとに折り返します。
糊置き時に使う形紙は、デザイン画を元に、形紙屋の職人さんが1枚1枚手彫りで作成します。


2.注ぎ染め

染料を注ぐ部分に土手を作り、土手の内側に染料を十分に注ぎこんで染めます。
表からも裏からも染めるのが特徴です。
染める際に使うのは、じょうろのような形をしたやかんと呼ばれる器具を使います。
多色の場合は両手にやかんを持ち、一気に染めていきます。


3.水で流す

染め終わった生地に付いた余分な糊と染料を水で洗い流します。
形紙を2枚以上使う柄の場合は、1~3の工程を形紙の枚数だけ繰り返します。


4.干す

水洗いの終わった生地を天日乾燥で立て干しします。
染め上げられた生地がいくつも干されている様は壮観です。